ピッタリな腰痛改善グッズをチョイス!毎日続けられるものを

婦人

大きかったら

睡眠

健康診断で、頭をCTスキャンでチェックすると頻繁に発見されるのが髄膜腫。しかし、頻繁に発見される症状とはいえ、他の脳組織に何かしらの影響を与えているわけではないので、見つけても問題ないと診断を受けるケースが多いです。見つけても、まだ小さい場合は、脳組織に影響を与えているわけではないので、手術で取り出す必要はありません。小さい髄膜腫なら、放置していても問題ないですが、大きい状態だと話は別です。腫瘍が大きいと、他の脳組織に多大な影響を及ぼしてしまうおそれがあるので早急に取り出すのが望ましいです。

大きい髄膜腫だと、体にも影響を及ぼしてしまいます。まず大きい腫瘍の圧によって頭痛や嘔吐の症状、人によっては意識障害を引き起こしてしまいます。また、局所症状として。脳神経や運動神経が麻痺してしまい、腕や脚を満足に動かせなくなります。大きいほど、日常生活に多大な支障を及ぼしてしまうので、早期に除去治療を依頼するのがおすすめです。

多めの髄膜腫の治療法としては、開頭腫瘍摘出術と定位的脳腫瘍生検術があります。開頭腫瘍摘出術は広範囲に頭蓋を開いてから、髄膜腫を取り出します。開頭範囲が広い分、腫瘍部分を高い確率で摘出し易いです。手術で開く範囲を最小限にしたい場合は、定位的脳腫瘍生検術がおすすめです。頭蓋骨に小さな穴を開けてから、管を注入して腫瘍を吸い取る方法です。あくまで、一部の腫瘍を摘出する程度なので、その後に再発していないか経過を観察する必要があります。