ピッタリな腰痛改善グッズをチョイス!毎日続けられるものを

婦人

癌細胞が点在

女の人

生活習慣病である胃がんなどを発症した場合、進行度合いによっては癌性腹膜炎を引き起こしてしまうリスクが高まります。消化器系の臓器などに出来た癌細胞がポロポロと内部で崩れてしまい、腹膜に落ちてしまったことで引き起こされる症状です。引き起こされる症状としては、腹痛や発熱、嘔吐から、呼吸困難や不整脈、腹水の蓄積なども発症します。崩れ落ちてしまった癌細胞によって引き起こされる癌性腹膜炎は、非常に厄介な症状といえるでしょう。

癌性腹膜炎の治療法としては、主に鎮静剤を利用して、症状を抑制するのが基本です。なぜなら、外科的な療法だと腹膜に散らばった癌細胞を除去するのは困難を極めるからです。仮に手術を行った場合、長時間の治療時間が必要となるので、患者の体力を余計に奪ってしまう結果に終わってしまいます。また、癌性腹膜炎によって引き起こされる症状抑制法としては、腹水の濾過や人工肛門の取り付けによる排泄機能の補助などがあります。

近年では、治療の難易度が高めの癌性腹膜炎の症状を抑制する方法として、抗癌剤を用いることが多くなっています。腹膜に点在してる癌細胞を弱らせるために、抗癌剤を直接注入しているのです。人の手で一つずつ取り除くよりも、広範囲に薬剤の力が広まるので、効率よく癌細胞を弱らせられるのです。少しでも、癌性腹膜炎の症状を良くしたいのであれば、医師と十分に相談した上で、直接抗癌剤注入治療を受けてみるのはいかがでしょうか。